治験とは

治験とそのプロセス

自然界にから発見された物質の中から、研究所での実験や動物実験により、特定の疾患に対して改善効果がみられ、人体に対して使用しても安全と考えられるものを新しい薬の候補として選びます。最終的な効果性、安全性を確認するために新薬の開発の最終段階では、健康な人や該当疾患の患者(治験ボランティア)の方の協力によって、人での効果と安全性を調べることが必要です。

その結果を国(厚生労働省)が審査して、病気の治療に効果があり、かつ人体に使用しても安全であると判断されたものが承認を受け、最終的に「くすり」として私たちの手元に届くようになります。

臨床試験と治験の違い

新薬の開発段階などにおいて人間のボランティアたちに協力してもらって行う試験は「臨床試験」と呼ばれています。それら臨床試験のその中でも「くすりの候補」を用いて政府の承認を得ることを目的として実施される試験のことを、特に「治験」と呼びます。


詳しくは厚生労働省の「治験」ホームページをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/chiken/index.html